Our Recent Posts

Tags

No tags yet.

日々の授業から

いよいよ明日、共通テスト第一日目を迎えます。

昨晩はある生徒と最後の対策授業でした。英語は大問6問構成ですが、

彼の不得手な問題に絞り、集中的に解くことにしました。

私も当該問題を何回分も解き、助言を考えてメモしてました。

しかしそれを披露することはなかったことで一つ学びました。

どんどん問題数をこなすごとに、自分なりに勘所のようなものを

見つけていきました。お仕着せでなく、主体的な発見。

彼はずっと必死に勉強してきました。鍛えてきたからこそ

発揮した力強い姿だったと感じました。

何もこうしたことは、特殊な場面でのみ見られることではありません。

昔、現代文の先生がこんなことを言いました。

「個性というのは、基本を徹底的に叩き込むことによって誰にでも

必ずにじみ出るものがあるが、それこそが個性だ。」

英語で言えば、100個の基本文を日々の努力で暗記したとします。

すると英語で何か書けるようになるんですね。ちょっとした英文が。

叩き込まれた基本文が有機的に結合するのだと思います。

その調子で日記を書けば、それは他の誰の一日でもないその人の

一日ですから、まさに個性の発現です。

基本の徹底が個性を生むは、風が吹けば桶屋が儲かるに似ていますが、

以上のような理屈だと思います。

昨晩、そんなことにも思いを馳せました。

彼の健闘を祈ります。